ペーパークラフトの基礎知識


輸入品と言うとすぐに思うのは「外国語の説明書が読めない」ですね。
でも大丈夫です。読めなくともルールが分かればちゃんと作れます。
そんな手を出す前のアバウトな疑問についてご説明します。



 外国語の説明ですか?
 
 当店で扱うペーパークラフト(紙模型)のほとんどは、ポーランド、ドイツ、フランス、ウクライナ、チェコ、と言った国で作られています。

 多くの国が陸続きでつながった多言語のヨーロッパ。どこで流通しても組み立てられるように作られているので、説明文が読めなくても困ることはありません。

 メーカーにより若干の違いはありますが、「折り曲げる」記号、丸めてパイプを作る記号、「巻いて」棒状に刷る記号など、ほとんどが共通のルールで作れるようになっています。

 例えば、窓のように切り抜く部品には「W」や「ハサミ」の記号が切り抜く部分に書き込まれています。
型紙を厚紙に貼りあわせる場合には、「*」マークが付いています。「*」は0.5mmを意味しています。「**」の場合は1mm、と言ったように分かりやすく表記されています。

 さらに、貼り付ける部品どうしには、貼り付ける相手の部品番号が書いてあり、貼り付ける場所を迷うことはありません。番号がない場合は、たいてい立体イラストが付いていおり、場所や向きがわかるようになっています。

 チェコ製のモデルの場合は部品番号だけでなく「組立て番号」がついており、組立て番号順に切り抜き、組み立てれば完成するようになっています。。

当店ではお買い上げの際に「記号集」を添付していますので最低のルールは直ぐに理解して頂けると思います。


どうやって作る?

 ペーパークラフト(紙模型)の基本は、どれだけ正確に部品を切り取れるかが一番の鍵です。
真っ直ぐ切らなければならない部品が真っ直ぐ切れないと、張りのない歪んだ部品が出来てしまいます。

 切れ味の悪いハサミやナイフで切ると、紙が引きつれたり、角がほぐれたり破れたり、台無しになってしまいます。切れ味の良いデザインナイフ(アートナイフ)と呼ばれるカッターであれば、小さな窓枠や小部品も苦なく切れます。
良い作品つくりはまず道具から、切る道具は良いものを使って下さい。

 曲げ方、丸め方、巻き方もポイントがあります。接着するにもいきなり接着せず、「仮組み ->仮接着 -> 本接着」と言った手順を行えば、接着剤が垂れたりはみ出したりせず、失敗しないですみます。
※ 別ページで写真つきでご説明していますので是非参考にして下さい。

 自分の技量に合った商品を選択するのも成功の秘訣です。
いきなり「戦艦大和」なんて思わず、まずは値段も手頃で部品も多くない「駆逐艦」あたりから始めることをお奨めします。

 手早く上手に作る方なんていません。上手な方は、皆さんそれなりに時間と手間をかけて作られているものです。だから誰もが「凄い!」と唸る作品ができるのです。




実際の商品のなかみについてへ


艦船模型専門「モデルシップ・ジェイピー」

艦船模型 船舶模型 ペーパークラフト R/Cパーツ ラジコン スクリュー エッチングパーツ 工作材料 戦艦 駆逐艦 軽巡 重巡 ディテールアップパーツ 輸入模型